和装レンタルについて

  • トップページ

和装レンタルについて

現代人は日常的に着物を着る機会がありません。ですが、江戸時代は着物が国民服だったのです。明治維新以降西洋文明が入ってきて、私達は次第に着物から遠ざかっている生活に慣れています。だから「着物についての知識」がないのです。今回は【和装レンタルをする場合にしっておきたい常識】についてご紹介します。
 
  • 着物には「格付け」があります。
礼服から普段着までいろいろな種類があります。素材・染め・織りなどの要素によって着物の「格」が異なります。それぞれの場面では、どういった着物を着れば恥をかくことがないのか、知っておきたいですね。まずは、着物の格をまとめておきます。
留袖
黒留袖は既婚者の第1礼装になっています。結婚式・披露宴に列席する新郎新婦のお母様や仲人夫人や親族の既婚女性は、黒留袖を着ていれば無難です。
色留袖は、未婚者でも大丈夫です。祝儀用の第1礼装で黒留袖と同格になっています。

《振袖》
未婚の女性の第1礼装が振袖になります。新婦さんのお色直しにも使われます。それ以外にも成人式・新年会・結婚披露宴への列席・謝恩会などに独身女性が着用します。

《黒喪服》
葬儀・告別式の喪主・ご家族・参列者が着用する第1礼装がこれです。

《訪問着》

未婚や既婚は問いません。留袖・色留袖・振袖に代わる略礼装で、幅広く着用されます。結婚式・年賀・お見舞い・結納・茶会・パーティーなどのシーンで着用されます。
 
  • 季節ごとの着こなし
【袷(あわせ)の季節】……裏地がある着物です。
春(3月から5月初旬)を代表するカラーの代表格は、桜をイメージする薄いピンクです。あとは、若葉の色や草花のやさしげな色・新緑のイメージの色があるパステルトーン。心を明るくするようなものが風景にマッチします。着る人を引き立ててくれますし、柄は時季の草花よりも、少し早目に選ぶのが習慣になっています。
※秋(10月から11月)の色使いは初秋と同じです。秋らしさを表現するならば柄を工夫するといいでしょう。紅葉などの植物は典型的な秋のイメージです。
冬(12月から1月)は寒さが厳しくなります。見た目にも温かさを感じさせる深めの色を選ぶと上手くゆきます。お洒落に着こなすにはコートが必須です。もしも、コートがないならばショールやストールでも兼用できます。普段の洋服で使うもので大丈夫です。
 
【単(ひとえ)の季節】
……裏地のない着物です。
初夏(5月から6月)の時季は緑がいっそう濃くなってきます。自然の色に合わせて寒色系の色使いが似合います。
初秋(9月から10月初旬)の時季は、色づきはじめている野山の葉の色にちなんだものがいいです。金色系が入った色合いの着物や抹茶色・黄土色・枯葉をイメージした落ち着きのある色合いをベースにするといいでしょう。秋らしさを意識してください。
 
【薄物の季節】
盛夏(7月から8月)は透明感があって涼しげな感じの着物がいいです。太陽光を弾くような白が基調になるでしょう。水のせせらぎや風の音が聞こえるような柄や色を意識してください。
 
  • 下着はどのように選べばいいの?
直接肌に触れるものですから、和装レンタルの対象外になっています。レンタルショップでは購入できる場合も多いです。それぞれの特徴をまとめておきましょう。
 
【足袋(たび)】
靴よりも少々小さめのサイズを選ぶとフィット感がいいでしょう。足の長さ・幅・足首の周囲を測って合う物を選ぶようにしてください。
足袋の種類ですが「キャラコの4枚こはぜ」ならば、どんな着物にも合うので重宝します。白足袋ならば普段着でも礼服でも使用できます。ビギナーは白足袋を購入しておけばいいのではないでしょうか?少し個性を出したいならば、刺繍足袋や色足袋を合わせると、良いアクセントになります。
 
【肌襦袢(はだじゅばん)】
着物の下着の一種。お肌と長襦袢の間に着ることで両方をほどよく馴染ませる役割があります。肌襦袢を着ることで着崩れを緩和します。汗を吸収する肌触りの良いものを選ぶといいです。丈夫な素材のものならば洗濯をしても大丈夫です。素材で主流になっているのはサラシ木綿です。
 
【裾よけ(すそよけ)】
江戸時代に考案された実用的な下着で、着物の裾が傷まないようにします。通気性・吸湿性の良いものを選びましょう。絹・綿・ポリエステル・レーヨン・キュプラが一般的な素材。夏用には涼しげな絽・縮・麻、冬用には保温性の高いネルやモスリンになるでしょう。色は豊富で定番の白だけでなくピンクやブルー・小紋柄もあります。白や淡い色ならば礼装用でも使用できます。

名古屋で白無垢・打掛・色打掛・引き振袖・和装・花嫁衣裳等のレンタル|新木屋